まいにち健康チェック
健康・医療

卵は完全栄養食品。健康な人は毎日食べよう

鶏卵は、ひながかえるのに必要な栄養素をすべて含んだ完全栄養食品。小さな殻の中に、ビタミンCと食物繊維以外のあらゆる栄養が詰まっていて、必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質なたんぱく源です。

卵を食べてもコレステロール値は上がらない?!

卵黄に含まれるビタミンAは粘膜を強化し、免疫力を高めて感染症から身を守ってくれます。また、卵黄内のレシチンに含まれるコリンという成分は、脳を活性化して記憶力や学習能力の向上、認知症予防にも役立つとされます。さらに、卵白に多く含まれるビタミンB2はエネルギー代謝を助けるほか、細胞の再生や成長を促します。

卵黄にはコレステロールが多いため、コレステロール値が上がるのではないかと敬遠する人も多いようですが、これは間違い。レシチンには、コレステロール値の上昇を抑える働きがあります。ただし、なかには体質的に卵を食べるとコレステロール値が上昇する人もいるとされますから、コレステロール値が高めの人は、医師に相談してください。

消化吸収を考えれば、半熟がベスト

卵の栄養成分は、加熱してもほとんど変わることはありません。ただし、栄養を効率的に摂取するには、半熟がいちばん。次に固ゆで卵、生卵の順です。おかゆや煮込みうどんの調理の最後に卵を割り入れ、余熱で半熟状にすると、胃腸にやさしい食事になります。

殻の色によって赤玉や白玉などと分けられていますが、これは鶏の種類による違いなので、栄養成分は同じ。有精卵と無精卵も、栄養的に違いはありません。

アレルギーやコレステロール値などの心配がなければ、卵は毎日食べたい栄養食。健康な人は、ぜひ1日1個は食べてください。