まいにち健康チェック
健康・医療

毎日の緑茶やコーヒーで、意外な健康効果も

最近の研究では、緑茶やコーヒーなどの飲み物に、意外な効果があることが明らかになってきました。ふだん口にする飲み物に健康効果があるなら、うれしい限り。その秘められたパワーを知って、健康増進に役立てましょう。

緑茶のカテキンにはがん予防効果も

緑茶は、蒸した茶葉を乾燥させてつくる不発酵茶。茶葉に含まれるポリフェノールの一種、カテキンは発酵によって失われてしまうので、紅茶やウーロン茶などの発酵茶に比べ、緑茶には豊富に含まれています。

カテキンには強い抗酸化作用があり、免疫力を高め、発がん抑制やがんの転移抑制効果もあるとされます。また、緑茶に含まれるビタミンCもカテキンとともに働いて、かぜ予防や美肌効果を高めてくれます。

緑茶は上質なお茶ほど低温でいれるのが鉄則。香りもよく、健康効果もアップします。また、茶葉を天ぷらの衣に混ぜたり、粉末にして振りかけにしたりして食べれば、カロテンや食物繊維、テアニン(アミノ酸の一種)など茶葉に含まれる栄養素を丸ごと摂取することができます。テアニンには、リラックス効果もあります。市販の抹茶でも同じ効果が期待できます。

コーヒーは脂肪燃焼効果も

コーヒーにはカフェインが多く含まれているので、脳の働きを活性化して眠気を覚ますのに効果的。カフェインには利尿作用もあるので、メロンやバナナなどカリウムを多く含む果物と一緒にとれば、ナトリウムの排出が促されます。コーヒーブレークには、おやつの代わりにぜひ果物を。

最近話題のコーヒーダイエットは、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種である、クロロゲン酸に注目したもの。クロロゲン酸は脂肪を燃焼させて肥満を予防し、脂肪肝を改善する効果が期待できます。また、腸からのコレステロール吸収を妨げる効果もあります。

仕事の合間にコーヒーでリラックス、という人は多いかもしれませんが、胃を刺激するので、胃腸が弱い人は空腹時を避けて飲むようにしましょう。