まいにち健康チェック
健康・医療

メタボの人は要注意! 肥満×糖尿病で動脈硬化が加速する

「メタボリックシンドローム(メタボ)」は、「内臓脂肪型肥満」に加え、「高血糖」「高血圧」「脂質異常」のうち、どれか2つが当てはまる状態を指します。

肥満のなかでも、「内臓脂肪型」は要注意

肥満には2つのタイプがあります。おなかのおへそ回りがポッコリふくらんでいる「内臓脂肪型肥満」と、下腹部からお尻にかけて脂肪がついている「皮下脂肪型肥満」です。メタボリックシンドロームの判定基準に当てはまるのは前者で、男性であれば「腹囲85cm以上」、女性であれば「腹囲90cm以上」が条件となります。

この条件に以下の3項目のうち2つ以上が当てはまると、メタボリックシンドロームと診断されます。

・高血糖
空腹時血糖値が110mg/dL以上

・高血圧
収縮期血圧(上の血圧)130mmHg以上もしくは、拡張期血圧(下の血圧)が85mmHg以上

・脂質異常
中性脂肪値が150mg/dL以上、もしくはHDLコレステロール値が40mg/dL未満

腹囲が前提に診断が行われるのは、内臓の周囲に蓄積した脂肪が、血管の動脈硬化を進め、「心筋梗塞」や「脳梗塞」などを引き起こす源になっているためです。また、「内臓脂肪型肥満」は、糖尿病の引き金であり、この両者が重なると動脈硬化が加速度的に進行することも明らかになっています。

内臓脂肪から分泌される「悪玉」が、インスリンの働きを阻害する

「内臓脂肪型肥満」は、大腸や小腸を固定するためにある「腸間膜」に脂肪がたまった状態をいいます。この内臓脂肪は、皮膚のすぐ下につく皮下脂肪と全く違った性質をもっています。内臓脂肪からは、皮下脂肪には見られない、“悪玉”と呼ばれるタイプの「生理活性物質」が多く分泌されているのです。この悪玉が、膵臓(すいぞう)から分泌される「インスリン」の働きを低下させるため、ブドウ糖が肝臓や筋肉、全身の細胞に取り込まれにくくなり、血糖値が高くなります。すると膵臓はインスリン分泌を多くして血糖値をよくしようとします。一方で過食を続けていると、ますます脂肪の蓄積が増えてしまいます。この状態が続くと、インスリンの分泌がへばってしまうのです。なぜでしょうか。

私たちの体を構成する細胞は、わずかな変化にも対応できるよう、自身の成分を“リサイクルするシステム”をもっています。これが、大隅良典(おおすみよしのり)先生のノーベル賞受賞で有名になった「オートファジー(自食作用)」という機構です。順天堂大学では約10年前に、インスリン分泌細胞がオートファジー機構をもっており、その破綻がインスリン分泌をだめにすることを証明しました。血糖値の高い状態でも、膵臓のβ(ベータ)細胞はオートファジーによって細胞内で古くなったたんぱく質を処理して新しいアミノ酸をつくり、多くのインスリンを分泌しようと頑張ります。
この状態が長く続くことが、オートファジー機構の破綻を招き、細胞は死滅。インスリンの分泌が減少して血糖値はさらに高くなるのです。

「メタボリックシンドローム」を軽視してはいけません。判定基準の大きな要素である「内臓脂肪型肥満」は、血糖値だけでなく、高血圧や動脈硬化の進行にも悪影響を及ぼします。

内臓脂肪から出る「生理活性物質」が悪い!

脂肪組織の最も大切な役割は、エネルギーを貯蔵し、必要なときに供給することです。「飽食の時代」といわれる現代では、この貯蔵機能により、脂肪が使われることなくたまり続けた結果、肥満になる人が増えています。

脂肪細胞は、脂肪を蓄えるだけでなく、さまざまな「生理活性物質」を合成・分泌する「内分泌細胞」としても働いています。脂肪細胞から分泌される生理活性物質は、血糖値を下げるように働く「インスリン」をはじめ、さまざまなホルモンの働きに影響を与えています。

「生理活性物質」には、“善玉”や“悪玉”と呼ばれるものがあります。善玉には、食欲を調整したり、脂肪の分解を促進する「レプチン」、動脈硬化の進行を抑制する「アディポネクチン」などがあります。一方、悪玉には、インスリンの働きを低下させる「TNF-α(アルファ)」、血圧の上昇を促す「アンジオテンシノーゲン」、血栓をつくりやすくする「PAI-1(パイワン)」などがあります。

同じ脂肪組織の皮下脂肪と比べて、内臓脂肪から分泌される生理活性物質には、悪玉が多く、逆に善玉の分泌が少ないという特徴があります。そのため、「内臓脂肪型肥満」になると、悪玉の働きが抑えられず、インスリンの働きが低下して血糖値が上昇しやすくなります。それだけでなく、動脈硬化が進行する、血圧が上昇する、血栓ができやすくなるなどの悪影響が次々と引き起こされ、結果的に「心筋梗塞」「脳梗塞」といった重大な病気を招くことになるのです。

メタボリックシンドロームは、“単なる肥満”では済まされません。糖尿病があるとわかっている人は、肥満の改善にもしっかり努力していきましょう。

※この記事は、執筆時点での情報に基づき作成しております(執筆年月日:2020年3月24日)。