まいにち健康チェック
健康・医療

24時間休みなし! 心臓は全身に血液を送り出す

公開日:2017年12月1日
タグ:

人間の体を構成しているたくさんの細胞は、常に血液から栄養と酸素を受け取っています。そして、細胞の中でできた老廃物や二酸化炭素は、再び血液によって運び出されています。こうしたことが休みなく行われることによって、生命を維持したり、元気に活動したりできるのです。

人間が生きて活動するためには、体の隅々まで血液を巡らせる必要があります。そのために、血液を送り出す高性能の“ポンプ”として、休むことなく働き続けているのが「心臓」です。

筋肉を収縮させて血液を送り出す

心臓は、「心筋」という特殊な筋肉でできていて4つの部屋に分かれており、自身の心臓で右上に位置するのが「右心房」、右下が「右心室」、左上が「左心房」、左下が「左心室」となっています。この4つの部屋が、タイミングよく拡張と収縮を繰り返すことで、ポンプとしての働きをするのです。

全身を巡った血液は右心房に戻ってきます。心臓の上部にある心房が拡張したときに、上大静脈と下大静脈から右心房へと血液が流れ込みます。この血液は、心房が収縮し、心臓の下部にある心室が拡張したときに、右心房から右心室に流入します。そして、次に心室が収縮したときに、右心室から肺動脈へと押し出され、左右の肺に向かうのです。

肺から戻ってきた酸素たっぷりの血液は、左右の肺静脈から左心房に流れ込みます。この血液は、心房が収縮し、心室が拡張したときに、左心室に送られます。そして、心室が収縮したときに、左心室から大動脈へと押し出され、全身へと流れていくのです。

心臓はこういった拡張と収縮を繰り返すことで、1分間に約5リットルもの血液を送り出します。運動などで、体にたくさんの血液が必要になると、拡張と収縮のリズムを速めることと収縮の力を強めることで、全身に送り出す血液の量を増やします。

「動脈」というと酸素を多く含んだ血液が流れ、「静脈」というと酸素の減った血液が流れるイメージがあります。しかし、以上の記載のように、静脈血が肺に流れ出す血管を「肺動脈」、動脈血が肺から心臓に戻ってくる血管を「肺静脈」と呼びます。つまり、動脈血とか静脈血とかとは無関係に、心臓から出て行く血管を動脈(右心室から肺へ向かう血管を肺動脈、左心室から全身に向かう血管を大動脈)と呼び、心臓に戻ってくる血管を静脈(全身から右心房へ入る血管を大静脈、肺から左心房に戻る血管を肺静脈)と呼びます。

心臓の筋肉にも酸素と栄養が必要

心筋が動き続けるためには、栄養と酸素が必要です。そこで、心臓にも隅々まで血管が張り巡らされ、すべての心筋細胞に血液が届くようになっています。

この血管を「冠動脈」といい、心臓のポンプとしての機能を支える重要な血管といっていいでしょう。