まいにち健康チェック
健康・医療

これだけは知っておきたい動脈硬化の基礎知識

健康な動脈は弾力性に富んでいるのですが、弾力が失われ、硬くなってくることがあります。これが「動脈硬化」です。動脈の内腔(ないくう)が狭くなることもあります。

動脈硬化は、歳をとることによって誰にでもある程度は起こります。そういう意味では“老化現象”ともいえるのですが、歳をとることよりも動脈硬化を進行させる重要な危険因子があります。それが「高血圧」「脂質異常症」「糖尿病」などです。

「粥腫」ができると血管が狭くなる

血圧の高い状態が続くと、動脈の血管壁が障害され、硬くなったり、弾力性が失われてきたりします。そして、血管の弾力が失われると、ますます血圧が高くなるという悪循環に陥ります。

また、血管壁の最も内側を覆っている「血管内皮」が傷つくと、その下に血液中のコレステロールなどが溜まり、「粥腫(じゅくしゅ)」という膨らみができてしまうことがあります。このタイプの動脈硬化は、脂質異常症が重大な危険因子となります。

粥腫ができると血管の内腔が狭くなるため、いろいろな弊害を引き起こすようになります。

動脈硬化は全身の血管で起きる

動脈硬化は全身のどの動脈にも起こります。一番太い大動脈はもちろん、脳の動脈や頚動脈でも起こりますし、脚の動脈でも、腎臓の動脈でも、目の網膜の動脈でも起こります。

心臓の病気と関連が深いのは、冠動脈に起きる動脈硬化です。冠動脈は心臓の筋肉(心筋)に栄養と酸素を送っている血管なので、ここに動脈硬化が起きると、心臓のトラブルを引き起こす原因になります。

動脈硬化によって冠動脈の内腔が狭くなり、心筋に送れる血液量が不足して起こるのが「狭心症」です。安静にしているときは問題がなくても、運動して心臓の拍動が速くなると、心筋が必要とする血液量が増えます。そのときに十分な量の血液を送れなくなり、発作が起こってしまうのです。

動脈硬化を起こしている冠動脈が、完全に詰まってしまい、その先の血流が途絶えるのが「心筋梗塞」です。詰まった場所より先にある心筋が壊死してしまうこともあります。