まいにち健康チェック
健康・医療

メタボ健診の「腹囲」は、なぜ女性のほうが甘い?

特定健康診査、いわゆる「メタボ健診」で、“ウエストサイズを測られるのはなぜ?”そう思っている人はいませんか。

健診で測っているのは、正確には“おなか回り”。くびれているウエストより少し下の、おへその位置の腹囲です。この場所を測ることでわかるのは、“内臓脂肪の蓄積”です。

おなか回りが内臓脂肪の目安

健康を考慮した場合には、皮膚のすぐ下にたまる「皮下脂肪」より、内臓の周囲にたまる「内臓脂肪」が大きな問題になります。そのため、内臓脂肪がどのくらい蓄積しているかを調べることが大切です。

ところが、皮膚をつまむことでおおよその蓄積がわかる皮下脂肪と違い、内臓脂肪の状態を調べるのは困難です。詳細に確認するには、「CT(コンピュータ断層撮影)検査」を行って、おなかの断面を画像化するしかありません。しかし大勢の人が受けるメタボ健診では、それを行うことはできません。そこで、簡便に測定できる方法として、腹囲を測定しています。

内臓脂肪は、胃や腸、肝臓周辺に脂肪がたまるため、おへそあたりを頂点にぽっこりとおなかが出てきます。その部分の腹囲を測れば、内臓脂肪の蓄積具合が推定できるというわけです。

基準は、男性85cm・女性90cm

医学的には、「内臓脂肪面積が100平方センチメートル以上」だと内臓脂肪型肥満と診断されます。内臓脂肪の蓄積が100平方センチメートルにあたるのが、男性の場合は腹囲85cm、女性の腹囲90cm。これ以上であれば内臓脂肪型肥満として、生活習慣の見直しが必要となります。

男性と女性で数値に違いがあるのは、なぜでしょう。

答えは簡単。女性は一般に皮下脂肪がたまりやすいため、皮下脂肪の蓄積分を考慮して5cmプラスになっているのです。

この測定法で80~90%の内臓脂肪型肥満がわかります。単なる“ウエストサイズの測定”とあなどってはいけません。

※この記事は、執筆時点での情報に基づき作成しております(執筆年月日:2017年11月28日)。