まいにち健康チェック
健康・医療

スーパーホルモン「インスリン」をいつまでも!

血糖値の高い状態を改善するためのキーワードに、「インスリン」があります。今回は、このインスリンの歴史と働きについてお話しましょう。

インスリン発見後、「糖尿病は長くつきあっていく病気」に

1921年にカナダの医師フレデリック・バンティング氏がインスリンを発見してから、まもなく100周年を迎えます。インスリンを発見する以前は、特にインスリン分泌が完全に損なわれている1型糖尿病は「死の病気」でしたが、インスリンを投与することで血糖値をコントロールできるようになり、多くの命が救われるようになりました。バンティング医師は、インスリン発見の2年後に、ノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

現在では、インスリン製剤は世界中で使われています。その効果がいかに素晴らしいかは、さまざまな糖尿病治療薬が開発されたにもかかわらず、いまだにインスリン製剤がトップランナーとして大活躍していることからもうかがい知れます。インスリンが発見され、インスリン製剤がつくられたおかげで、「糖尿病は長くつきあっていく病」となったのです。

血糖値を抑えられるのはインスリンだけ

食事で摂った炭水化物は、一緒に入ってくる食物繊維や脂質などと絡み合って、ゆっくりと分解され、ブドウ糖となり、腸から吸収され、血液中に入ります。血液中のブドウ糖の濃度を示すのが、「血糖値」です。ブドウ糖は、全身の細胞の唯一といっていいエネルギー源です。そのため、肝臓は全身の細胞に常に十分な量のブドウ糖を供給する必要があり、それを刺激するホルモンは何種類かあります。一方で、ブドウ糖を利用させるホルモンはインスリンだけです。

飢餓との闘いの時代は、インスリンは少量で十分だったのでしょう。しかし、飽食の時代となり、人類は血糖値の上がりすぎによる病気、つまり糖尿病に悩まされるようになりました。血糖値が高くなる仕組みとして、インスリンの働きが低下していること(インスリン抵抗性)と、インスリンの分泌量が不足していること(インスリン分泌不全)が挙げられます。

インスリン抵抗性による高血糖状態に陥ると、膵臓(すいぞう)は刺激を受けて「オートファジー(自食作用)」をフル回転し、細胞内の古くなったたんぱく質を処理して新しいアミノ酸をつくり、インスリン分泌の機能を戻そうと頑張ります。しかし、この状態が長く続くとやがてオートファジーはうまく働かなくなり、細胞が死滅してしまいます。インスリン分泌が少なくなって、糖尿病はますます悪化することになるのです。

インスリンは、血糖値を調整する「スーパーホルモン」です。膵臓がヘトヘトになってインスリンの分泌が少なくなってしまう前に、生活習慣を改善して対処することが大切です。