まいにち健康チェック
健康・医療

85%が効果を実感! 話題の「舌下免疫療法」

「毎年花粉症に悩まされるのはもう嫌だ!」と思っている人は多いことでしょう。そんな人は、「舌下免疫療法」を検討してみてはいかがでしょうか。

症状の軽減も含めると8割以上に効果あり!

花粉症の治療法のなかで唯一、根治が期待できるのが「免疫療法」です。免疫療法には以前から行われている「皮下免疫療法」という注射を使った方法がありますが、新たな治療法として登場したのが「舌下免疫療法」です。

舌下免疫療法は2014年から健康保険が適用されるようになりました。実際に2年以上治療を受けた患者さんを調べると、約2割が通常の薬物療法が不要となり、症状が軽減してQOL(生活の質)が改善した患者さんも含めると、約8割に効果があると考えられます。85%以上の患者さんに期待通りの効果がみられたという報告もあります(*)。残念ながら治療を受けた患者さん全員に効果があるわけではありませんが、皮下免疫療法に比べると負担が少なくて済むので、試してみる価値はあるでしょう。

舌下に薬を含ませて、飲み込むだけ

方法は、花粉のエキスを含んだ薬剤(エキス剤や錠剤)を舌下に入れ、2分間ほど、あるいは溶解するまで保持したあとに飲み込みます。これを毎日1回、行います。

初回は医師のもとで舌下に薬を投与しますが、その後は自分で行えるので、注射に比べると通院回数が圧倒的に少なくて済みます。舌下免疫療法の十分な効果を得るには、最低2年間、できれば3年以上続けることが必要です。

副作用は口の中の腫れやかゆみなど局所的なものが中心ですが、下痢や発疹、ぜんそく発作などの全身症状が起こることがあります。アナフィラキシーショックのような重篤な副作用はほとんどない(1億回に1回程度といわれるほど)ので、安全性の高い治療といえます。

治療を最低2年間は継続するとなると治療費が気になりますが、スギ舌下液(エキス剤)の薬代は1日当たり30円程度で(健康保険適用で3割負担の場合)、1か月で約1,000円、1年で約1万2,000円です。このほかに診察料や検査料が必要となりますが、これらを考慮しても、比較的安く受けられる治療といえるでしょう。

(*)日本医療研究開発機構研究班「免疫療法による花粉症治療の新しい展開を目指した研究」2016年