まいにち健康チェック
健康・医療

食べる順序を変えるだけでホントに痩せるの?

体重を気にしている人たちでよく話題になるのが、“食べる順序”。食事をするときに、まず野菜などの副菜、次に肉や魚などの主菜、最後にご飯やパンなどの主食を食べようというものです。

これを実行すれば、これまでと同じ量を食べても、痩せていく……。でもそれは、本当なのでしょうか。

食べる順序で痩せるわけとは

「食べる順番ダイエット」で痩せるといわれるのは、おおむね次のような理由のようです。
糖質である主食を食べると、血糖値(血液中のブドウ糖の量)がすぐに上がります。すると膵臓(すいぞう)から「インスリン」というホルモンが大量に分泌され、血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓に運びます。そしてブドウ糖が余ると、脂肪細胞に蓄積します。

つまり食後に血糖値が急上昇すると、ブドウ糖がだぶつきやすく、脂肪細胞にどんどんたまることになります。そこで最初は、野菜など糖質のほとんどないものを食べれば、血糖値の上昇を抑えることができます。

また、食物繊維を多く含む野菜などは、よくかまなくてはなりません。よくかんでゆっくり食べれば、胃の中に食べ物がたまり、その後のおかずや主食を必要以上にとらなくなります。

野菜などによる食物繊維に、次に食べる肉や魚に含まれる脂質や、調理に使われた油がくるまれて、吸収が緩やかになるという利点も指摘されています。

果たしてダイエット効果の真相は……?

“食べる順番ダイエット”の理由は、上記のようにいろいろと考えられています。ただし、科学的に根拠があるかというと、残念ながらまだないのが現状です。やはりダイエットで大切なのは、「食べすぎないようにしよう」とか「これはエネルギーが高いから少しだけに」などと、意識しながら食べることです。

このダイエット法も同様です。“順番を変える”というより、“意識を変える”ことが、ダイエット成功へ導く確実な方法といえます。