まいにち健康チェック
健康・医療

“夜型生活”が、あなたの脂肪を増やしている!?

公開日:2018年6月13日
タグ:

仕事をしたり、ゲームをしたり、テレビを見たりして、深夜まで起きている。朝は遅くまで寝て、朝食も食べずに出かける……。

あなたは、このような夜型生活を送っていないでしょうか。実は“遅寝・遅起き”のライフスタイルが、肥満を招いてしまうことがあります。

夜は脂肪をため込む時間帯

私たち人間は基本的に、昼間に活動し、夜に就寝することを、繰り返しています。昼間は、仕事をしたり勉強したり家事をしたりと、体をよく動かしているため、多くのエネルギーが必要になります。反対にゆっくり過ごす夜は、それほど多くのエネルギーを必要としていません。

そこで私たちの体は、昼間は、エネルギーをもっているたんぱく質や糖質を分解する作業を強めます。夜は、余ったエネルギーを脂肪としてため込む仕組みを強化します。

この仕組みは、体の生活リズムをつくっている「体内時計」に基づいて働きます。体内時計は、1日24時間ではなく、25時間ぐらいです。

これでは外界と体内で時計がずれてしまうので、リセットをかけます。それが、“朝の光”。朝の太陽光を浴びることで、体内時計が活動が始まる時間だと認識して、脳は朝の態勢に入ります。

夜に食べ物が集中する夜型生活

ところが、夜型生活になると、朝のリセットがうまくできず、昼間もエネルギーの消費が進みません。

そして脂肪をためる夜になって、食べ物が大量に体に入る、夜中に食べると朝はおなかがすかないので、朝食抜きになり、夜の食事量が多くなります。結果、どんどん脂肪をため込む、という悪循環に陥ります。

太るのが嫌で痩せたいのなら、朝型生活に切り替え、しっかりと朝食をとりましょう。

※この記事は、執筆時点での情報に基づき作成しております(執筆年月日:2018年6月13日)。