まいにち健康チェック
健康・医療

花粉情報があなたのつらさを助けてくれる

公開日:2018年6月27日
タグ:

日本人の花粉症の約7割を占めているのがスギ花粉症といわれています。スギ林がない都市部でさえ、遠くから大量の花粉が飛んできているのですから、花粉を完全に避けるのは至難の業といえるでしょう。だからこそ、自分で花粉を防御することが大切です。そのときに役立つのが、花粉情報です。

花粉量や飛散方向をチェックして行動を決める

「今年の花粉飛散はいつごろから始まるのか」「今日の花粉飛散量は?」といった花粉情報を知ることで、薬物療法を開始するタイミングを決めたり、その日の外出を控えるかどうかといったスケジュールを立てることができます。出張やレジャーの予定があるならば、その地域で飛散する花粉の種類、花粉量を調べておくとよいでしょう。

詳しい花粉情報は、毎年、花粉飛散シーズンに合わせて2月ごろに運用開始される「環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)」でチェックできます。全国各地の花粉量が1時間ごとに更新されるほか、花粉が飛ぶ方向も表示されるので便利とされています。近年では、花粉を予報してくれるスマートフォンの予報アプリもあります。

ただし、これらの精度には限界があり、実際の飛散量とは異なる可能性があるなど、課題が指摘されていることも知っておいてください。

「花粉症日記」は薬の効果を知るのにも役立つ

天気、花粉飛散量、症状、気分、薬の使用状況、その日の行動などを記録した「花粉症日記」をつけることもお勧めです。記録することで薬ののみ忘れを防ぐこともできますし、どういう行動をすると症状が悪化するのか、などを知ることもできます。

花粉症日記は、医師が診療する際の情報源になります。薬の効果が現れていないようであれば、ほかの薬に変更する判断材料になるからです。

花粉症日記はノートに手書きでもかまいませんし、パソコンやスマートフォンで入力してもよいでしょう。自分が続けやすいやり方で試してみてください。